騙されないマネーの知恵 | SimpleMoneyLife

金融機関や怪しい商法に騙されないための、お金や投資知識を提供します。シンプルな生活で豊かに暮らしませんか?

覆水盆に返らず。ポーカーでわかった埋没費用

calendar

reload

覆水盆に返らず。ポーカーでわかった埋没費用

ポーカー(テキサスホールデム)ではチップを賭けあう場面が何回かあります。賭けてしまったチップが沢山・・・もう引き返せない!

今回はそんな状況で学んだ「埋没費用(サンクコスト)」というものをご紹介します。

埋没費用(サンクコスト)

日常のケースで様々に起こる「ここまでやったのだから引き返せない」というシチュエーションがあります。

様々な一場面の例

  • 「最初にチップを100枚ベットして次(ターン・リバー)に進んだ。次に相手は50枚ベットしてきた。せっかく最初に100枚もベットしたんだし、これは乗らなきゃもったいない・損だな・・・」
  • 「もう10億円も使ってプロジェクトを進めている。赤字になるのが濃厚ではあるが、今やめたら10億円もの費用が全てパーになる。これは先に進むしかない!」
  • 「ぺて株式会社の株を買ったら100万円損してしまった!失ってしまった! ここから取り返すためにナンピン(更に同じ会社の株を買うこと)だ!」

こういったケースが多々見ることはないでしょうか。

そのお金はもう戻ってこない

人は「ここまでお金を出したのだから、もう戻れない」こう考えてしまいがちです。

しかし、過去はもうやり直せません。もし今までにそのお金を使っていなかったとした場合に、そのベットや、プロジェクト、株式の購入を行わないのであれば、現時点で更に突き進む判断自体に問題があるのです。

やってもやらなくても、既に出してしまった費用・損失は取り戻せません。過去の結果と、未来の行為は分けて考える必要があります。

こういった、「既に取り戻せない費用」のことを埋没費用(サンクコスト)と言います。

今までに出してしまった費用を忘れられずに、判断を見誤らないようにしましょう。

はっと気付いた自分の一場面

ポーカー(テキサスホールデム)が分かるだけの人への小話。

ポーカーの「オッズ」の計算を勉強しようとしていたのですが、いまいちわからず「全体のポット額(+他のベット額)」 対 自分が賭けた額+今回賭ける額」だと勘違いしていて、「自分が今までに出したチップの合計なんて覚えてないよ・・・どうやってみんな把握してるの? 計算速くない?」と思っていたのです。

ただ、よくよく考えたら、最初(プリフロップ・フロップなど)に賭けて中央(ポット)にチップが行ってしまったら、勝たなきゃ貰えない、既に使ってしまった埋没費用(サンクコスト)なんだと気付きました。

なので、オッズを考えるときは「全体のポット額(+他のベット額) 対 今回自分が出す額」だけ考えればいいんや! と気付いたわけです。

過去に出したチップはサンクコスト、そう思った時非常にすっきりしました。

これでオッズの考え方・計算方法が脳内で非常にスッキリ整理されて、ポーカーがめちゃくちゃ上達して勝てるようになればいいのに(現実は甘くない) (‘A`)ヴァー

・・・あってるよね? 違ったら色々教えて強い人。

サンクコストで得られるもの

取り戻せない費用。後ろ髪を引かれるかもしれませんが、スッパリ忘れてしまって先を見据えた方がよいかもしれませんね。

ただし、そこで得られたノウハウは吸収されているはずですので、次の別の機会にそのノウハウを活かせるようになれば良いのだと思います。

まとめ

本日はサンクコストについてお話しました。

以上、「覆水盆に返らず。ポーカーでわかった埋没費用」のエントリでした。最後までお読みいただきありがとうございます。

 

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す