騙されないマネーの知恵 | SimpleMoneyLife

金融機関や怪しい商法に騙されないための、お金や投資知識を提供します。シンプルな生活で豊かに暮らしませんか?

年利7%もの預金があるけれど・・・そこに隠れたリスク

calendar

今はゼロ金利時代。マイナス金利なども話題に上がりましたね。何といっても定期預金の金利が低いこと低いこと。

ゼロ金利で今の日本の定期預金の金利も0.1%を切る所もあったりするなど、お話にならないくらい低くて全然増えませんよね。

そんな中、金利の高い預金商品が色々と出回っています。

今日はちょっとそのお話をします。

年利7%もの預金

外貨預金という商品があります。見ると金利が比べ物にならないほど高い。

1%~7%くらいの金利がつく預金の紹介が、ネット銀行などをみるとずらりと紹介されています。以下はSBIネット銀行に掲載されていたものです。

これだけの金利を見せつけられると、「おおっ!?」とどうしても目を引いてしまう方もいるかもしれませんね。

日本の定期預金の100倍超もの金利をみると、やはりどういうものか少し気になってしまいます。

外貨預金の隠れたリスク

こういった高金利の預金は「外貨預金」と言って、日本の円ではなく、外国の通貨で預金するものです。

「10万円」とかではなく「1000ドル」のような外貨通貨での預金になります。

ところで、皆さんは為替相場というのはご存知でしょうか。

1ドル113円・・・のように、日々ニュースなどで円相場が報道されていたりしますよね? その外国通貨のことです。

外貨預金というのは、この外国の通貨で預金をするという意味なんです。

1000ドルで1%の金利がつけば、1010ドルになる・・・といった形です。

外貨預金の利息を少し計算してみましょう

外貨だろうがなんだろうが、増えるならいいじゃんと思っている方はいませんか?

実は、外貨預金は色々とリスクがあります。これを知らないままお得だと飛びついてはいけません。

今は1ドル113円くらいですが、一時期は1ドル80円などの時代もありました。それだけ、為替相場というものは動きます。外貨を持ったまま為替相場が変わると、円に戻した時の価値も変わってきます。

たとえば、1ドル=113円の今、10万円を外貨預金にしたとします。10万円≒約885ドルです。

これを1年で1%の外貨預金で預けたとします。1%ですので約8.85ドル増えます。約894ドルになります。

でも、1年後のドル円相場が1ドル=100円になっていたとしたら・・・

894ドル=89400円となり、元本の10万円を割ってしまっていますね。

このように、為替相場によっては元本割れするかもしれないのが、外貨預金という商品なのです。

為替の変動によるリスクを忘れずに

為替は本当にどう動くかわかりません。「投資は損するから嫌だけど預金なら安全」という消費者の心理を巧みに読んで、外貨預金はお得だと売り手はおススメしてきます。

預金、という言葉と、高い金利の誘惑に負けて、安易に商品選択をしないようにしたいですね。

基本的に、外貨預金には触らなくて良いと、私は思っています。

まとめ

以上、「年利7%もの預金があるけれど・・・そこに隠れたリスク」のエントリでした。最後までお読み頂きありがとうございます。

 

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す